結納 文庫箱 扇面 木製 高岡塗り

結納の起源は4世紀から5世紀頃、仁徳天皇の皇太子(のちの履中天皇)が黒媛を妃に迎えるときに贈り物を贈ったことが最初とされ、現在でも宮中儀礼の「納采の儀」として受け継がれています。

その後、室町時代に公家や武家に広まって小笠原流や伊勢流などに分かれていきます。庶民まで広まったのは江戸時代末期から明治初期で、明治、大正時代から帯や着物など贈り物から「お好みの品を買ってください」との意味から結納金を贈るようになりました。

時代の移り変わりの中で、結納飾りやそれを納めるスタイルもずいぶん変わってきました。

しかし、私たちは結納は婚姻にまつわる儀式の中で非常に大切なもので、その地方によって独特の伝統的な風習が残されており、先人達の願いと知恵が込められたもの考えております。

結納用品の長年関わってきた私たちが日々つくづく実感させられることは、人と人、家と家の最初の結びつきを大切にしたい、お嬢様を大切に育ててこられた先方のご両親に対し、誠意と感謝の気持ちを示したい、というその心は今も確実に受け継がれているということです。

 

「婚約」という人生の記念すべき1ページがより素晴らしい節目の儀式となるようお手伝いをさせていただきます。

「伝えたい想い、贈りたい気持ち築きたい関係、叶えたい夢」

を合い言葉に地域の伝統を大切にしながらお客様の価値観や希望に見合うよう結納という人生の大切な1ページをサポート出来れば幸いと考えております。

結納金メインのコンパクトな略式セットです。
記念の品や写真を入れるなど、後々までお使いいただける文庫箱に、パールピンクを基調とした紙と可愛らしい水引飾りを組み合わせたセットです。

男性側からの簡易的な結納返しや、ご両親からのお祝い金、結婚準備金を贈る際にもお使いいただけます。

 

寿恵廣飾り(亀)には、お相手に実際にご使用いただける金銀の女性用扇子が2種類(無地&蒔絵房付)入っています。

 

熨斗(鶴)

お祝いごとに必ず添えられる紙折りの“のし飾り”です。

 

寿恵廣(亀)

結納時に、お相手方に二本一対で贈られる扇子を、先に向かって次第に広がっていく形状から、将来へ末広がりに幸福と繁栄があるようにという願いを込めて“すえひろ”と呼びます。

 

金封(松竹梅)

結納金を入れていただく金封です。

 

 

  • 金封の表書き:「帯地料」と入ります。
  • 中封:無地のものが付属しておりますので、オモテ面中央に任意の金額をお書入れ下さい。
  • 目録・親類家族書は付きません。

持参用の推奨品

風呂敷サイズ:二四巾(約90cm)


文庫箱オプション

指輪飾り付きはこちらから


商品内容 熨斗(のし)・寿恵廣(すえひろ、儀式用扇子女性用2本)・金封・文庫箱
サイズ 文庫箱外寸:約縦:23.5cm × 横:33.0cm × 高さ:11.0cm
素材

木製

生産国 日本
納期

約2週間で発送可能になります。

休業日

配送休業日

配送のみ